トップページ > 読書感想 > [読]新・片づけ術「断捨離」 やましたひでこ著

スポンサーリンク


[読]新・片づけ術「断捨離」 やましたひでこ著


新・片づけ術「断捨離」を読みました。

シンプルライフから入るか、
断捨離から入るか、
その時のブームによるかな?と思いますが、
一応、このようなサイトを運営しているので、
読んでみました。

断捨離の基本的な考え方は、
現在のシンプルライフと同じ。
というか、もっと潔い感じがするかな。


とにかく、何よりもモノを減らすことから始まりますからね。


この本では、「住育」というキーワードが出てきました。

聞きなれない言葉ですが、なんとなく意味はわかりますね。

「私たちが、多くの時間を過ごす場所=住まい」だからこそ
清潔で、管理が行き届き、居心地のいい場所であるべきなんですよね。

本の巻頭には、やましたひでこさんの住まいの写真が載っていまして
かなり、衝撃的ですよ。

こんなにモノが少なくて、どうやって暮らしているんだろう?
って思います。

すごいです。
さすがです。

うちはまだまだ、見直すべきところがたくさんあるなあ・・・と思いました。

一番気に入ったフレーズはこれ。

常にトップ5のモノとお付き合いするベストな私

うん!
気に入った!
これを私も目指そう!

色々なものと別れ、さっぱりすっきりした後、
なんにも買っちゃいけないっていうことじゃないんですよ。

気に入ったもの、愛すべきものに出会ったら、
今まで一緒にいてくれたものに感謝して手離す
ということなんですね、断捨離って。

そうすることで、お気に入りに囲まれる暮らしが実現するわけです。

シンプルライフを実践しているから、他の知識はいらない、
ということではなく、
色々な考え方を自分なりに取り入れていこうと思いました。



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
PR
 



| 次の記事へ »
スポンサーリンク

ページナビゲーション

トップページ > 読書感想 > [読]新・片づけ術「断捨離」 やましたひでこ著

スポンサーリンク
Copyright (C) モノを減らしてシンプルライフ All rights reserved.
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします
Supported by 楽天ウェブサービス
※当サイトはアフィリエイトシステムを利用しています