トップページ > 減らす⇒しまう⇒増やさない > 「モノをしまう」ための5つのポイント

スポンサーリンク


「モノをしまう」ための5つのポイント


20100803033.jpg
(しまわない、という選択をされたレゴ作品)

「減らす」の段階で、荷物がだいぶ減っていれば
しまうのはそれほど難しくはないでしょう。

いわゆる収納術の書籍などを参考にしてみてください。

当サイトの目指すシンプルライフは、「モノを減らす」が目的ですので、収納場所が限られているのに、モノが増えたという事実に目をそむけず、過去1~2年くらいに購入して増えたものが、本当にこの先もずっと必要なのかを考える方が先です。

「モノをしまう」時に私が気をつけている5つのポイント

  1. 「入れ物」に入るだけ入れる
  2. ゆとりを持たせる
  3. 入れてみて溢れたらもっと減らせないか考える
  4. キレイにそろえる
  5. がんばりすぎない

それでもモノがあふれた時に考えること

モノが少なくて、収納場所も少なければ、しまうことはあまり考える必要もないことなんです。
「しまう場所がない」と気がついたときに

  • これは、必要なものなのか?
  • しまっておかなければいけないのか?
  • 今度、いつ、使うのか?

を散々考えた上で、処分してしまったり、納戸に入れてしまったりします。

よく使いそうなものであれば、

どこにあると取り出しやすい、しまいやすいか?

を考え、そこに居場所を作ります。(引き出しの一角とか。)
または、全然違う場所にしまって「使う時だけ出す」を徹底します。

がんばりすぎない

というのは、しまう時に、しまう場所を変えると、そのしまった先をまた片付けたくなるんです。でも、そうなると、なかなか終わらず、結局、最終的なゴールとなる、納戸や物置はいつまでたっても片付かない。

だったら、「今日はリビングだけ!」と決めて、別の日に、納戸、物置をスタート地点にした方が、結果的にはモノが少なくなると思います。

「入れ物」は極力買わない

本・CD・DVDのところでも書きましたが、「入れ物」=収納棚、は極力買わない方がいいです。

その分、居住空間が減りますし、入れ物を買ったら、それに入る分だけモノは増えます。


スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
PR
 



« 前の記事へ| 次の記事へ »
スポンサーリンク

ページナビゲーション

トップページ > 減らす⇒しまう⇒増やさない > 「モノをしまう」ための5つのポイント

スポンサーリンク
Copyright (C) モノを減らしてシンプルライフ All rights reserved.
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします
Supported by 楽天ウェブサービス
※当サイトはアフィリエイトシステムを利用しています